(新?)自問自答
日頃のデキゴトや制作状況を綴ってます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと軽くなった?
久しぶりにこっちを使ってみるとちょっと軽くなってるような?


・・・・・・戻そうかな(汗)
スポンサーサイト
予告?
私のPC環境が悪いせいかもしれませんが
最近Fc2ブログ(つまりここ)の管理画面がものすごく重いです。
おまけに投稿しようとしても頻繁にエラーになったりして
ちょっと困っています。


というわけで、いろいろ考えた結果
近いうちに日記を別のに変えることにしました。
ここにブクマしてる方もしいらっしゃいましたら
表の方にブクマしなおしてくださいませー。

ギブギブです(汗)
ちょいとギブアップです。水無月です。



キリリクの件なんですが・・・
やはりお題が難しいです(汗)。
当初はなんとか頑張ろうと思ったんですが
ちょっと代替案も聞いておいたほうがよいかもという気がしてきました。



一応は作ってみたのですが・・・コンナモノしか思いつきませんでした。



http://www.geocities.jp/f_zone2005/pro1.zip



ちなみに、30秒くらいでおわります。
ベリーショートショートでございます。



微妙にねたばれかも?
今日も普通にお仕事でしたお疲れ水無月です。



REVERSE公開から10日ほどたちまして
反応もちらほら頂いてるわけですが
最近それをみてニヤニヤしてます(笑)
だってすごく嬉しいんだもの~



作品の性質(主に内容的に)が今までと違うこともあり
反応してくれる方も反応の質もやっぱり若干違うなぁと思います。
自分自身、Predeterminedで書ききれなかったキャラクターの心理的な部分の描写をしたかったというのもあるのですが
今までの作品ではあまりなかったキャラクターに対するコメントがいただけて本当に嬉しいです。
「幸せになって欲しい」なんてコメントはもう本当に嬉しいです♪



あと、正規エンドのラスト・・・
引かれるんじゃないかと思って正直不安だったんですが
感激したというコメントを頂いてちょっとほっとしてみたり。
まあ、女性陣はともかくとして
問題は男性陣の反応だと思いますけどね。


もっとも、制作当初から男性好みの話ではなかろうと思っているので
あらかじめ作品登録の際作品のコメントには「内容的に女性向け」と書いておいたので
その点は大丈夫かと思いますが。






[READ MORE...]
いろいろごった煮日記
珍しく書くことが色々あります水無月です。


ということでまずはコレから。
書くのが少々遅いですが・・・

本館ついに10000ヒットです~

陸の孤島みたいな弱小サイトですが(半分わざとですが)
皆様のおかげでどうにか5ケタ突入です。
こんな辺鄙なところまでわざわざ来てくださるみなさま、
本当にありがとうございます♪
今後ともよろしくお願いします。


続いて10000ヒットと関係あるキリリクの話。
リクの内容はとりあえず伏せておきます。
で、これなんですが非常に難しいリクです。
いくつかネタを考えてはいるんですが、果たしてリクの内容をクリアできるかどうか。
どっちも微妙なんですよねぇ。なんか読まれてしまうそうだし。う~ん。


というか、常連さんにはかなり私の作風がバレてきてるので
作風を変えないと難しいのではという気もします。
私自身、作者の作風がわかるとトリックというか目の付け所がわかっちゃう人間なのでその難しさっていうのはわかってるだけになんとも。
ちなみにその手法で一度、金田一少年の事件簿のとある事件で事件が起こる前に犯人を当ててしまったことがあります(苦笑)
トリックはわからなかったんですけどね、行動が不自然だったもので・・・


ついであまり票が増えない作品アンケートの件(笑)
今日見たらPdに1票入ってました。
コメントがまたすごく嬉しい~♪
ところで色々わかるほうって・・・バッドの方?



あと最後に私信ぽいけど・・・


なんていったらいいかホント分かりません。
何を言っても余計傷つけてしまうような気がするし
そう考えると何を言えばいいのか本当にわかりません。


ただ、辛いときは周りを気にしないで
思い切り泣いても、怒ってもいいと思う。
そうして少しずつでも心の痛みが和らぐことを願ってます。


なんて、こんなことしかいえなくてもどかしいけど。


おおっと。
サイトのカウンタがいつもの2倍回っていてびっくりした水無月です。


・・・や、原因はわかってるんですけどね(苦笑)
REVERSEをベクターさんに登録したりしたからです。
本当は、内容的に微妙だしひっそり公開しようかなと思った時期もあったんですが、
今回は裏で(?)アニメ作ってもらったりテストプレイしてもらったり
他の人にも色々手伝ってもらったので
できるだけ多くの人にやってもらおうと思い直しました。
せめてもの恩返し・・・になるかどうかはわかりませんが
コレくらいしかできることがないので(汗)



それにしても
この調子だと明日明後日にはカウンタが10000行きそうですね。
というわけでストリク企画のルールを決めてみました。


~ストリクルール~

ルール?リクできる人

10000を踏んだ人のリクに答えて作品を作る。
もし10000が流れた場合は9999の人に権利が渡る。
9999の人もいなかったら11111に持ち越し。


ルール?リクの内容

超短編に限る。
システムのリクは不可(できない可能性があるので)
他所様の作品の2次作品は不可(ただしウチの作品のモノならば可)
上記を満たしていれば基本的にどんな形式のリクでもOK。
例)
・ジャンル(シリアスもので、など)
・お題(~をテーマに、~というタイトルで、など)
・ウチの作品の番外編
などなど。


こんな感じでしょうか。
ちなみに企画はここにしか書きませんので
10000踏んでも気づかない人がいれば流れる可能性大です。
まあ、半分はそれを期待してたりして(コラ)



あ、そうそう最後に。
REVERSE公開日にこっそりコメントを下さった方どうもありがとうございます♪
こっそりしなくてもいいのにと思いつつ、らしいなぁとも思いましたが(笑)




いい訳のこぉなぁ。
あらためてこんばんは。水無月です。



前回のコメントどおりREVERSEのいい訳をさせていただきませう。
いい訳というわけでもないんですが・・・



前のサイトの常連さんはおいておいて・・・
六月堂になってからウチに来られるようになった方の大半は
ROHもしくはりとれじぇを最初にされた方だと思います。
で、私もそうなんですが
おそらく大抵の場合最初にやった作品より以前の作品はやらないのではないかと思います。
現に、こちらに来てから処女作のPredeterminedの感想はほとんど頂いたことがありません。


前置きが長くなってしまいましたが何を言いたいのかというと・・・
私はROH以降割と大きなテーマのある中性っぽいオーソドックスな王道RPG作品を作ってるので
私の作風はこんな感じなんだろうと思われてる気がするのですが
実はこれはむしろ裏の一面でして
本来の作風はPredeterminedのように
どちらかというとこじんまりしている女性向け(キャラ重視?)で暗い雰囲気の作風なのです。


なので、
「ROH楽しかったです、REVERSEも楽しみにしてます」
といわれるとすごくプレッシャーなんです。
両者は全然違う作風の話ですから、
ROHと同じ雰囲気の延長で捉えられていると
多分実際やったときに期待はずれに終わる可能性が大きいのです。


といっても、それはプレイヤーさんにとっての話で
私にとってはこういう作品を作ろうとしてこういう作品になっているので
私の中で失敗作だということではないのです。
なので、話が内容的に軽くなった(話は重いけど)とか
今までの作品と比べると違和感を感じる方は多いと思いますが
意図的な部分があるのでそのへんはあまり指摘しないでください。



ついでにちょっと自分のスタンスについて語ってみるならば
以前どこかにも書いたことがあるんですが
私自身はあまりイメージを固定化したくないと思っています。
「え、こういう作品もつくるんだ」という風に
常にイメージを打ち崩していけたらなーと思ってます。
(ちなみにキリリク計画もその一環だったり(笑))


ただ、作品から受けるイメージはいろいろ変わっても
どこかに何かのテーマ性があるという部分だけは変えないつもりではありますが。
REVERSEにも一応言いたいことっていうのはあるんですが
今までほどわかりやすく表に出してないので多分気づかれないだろうな(苦笑)



Happy birthday to・・・?
というわけでREVERSE公開しました。



何故この日だったかは
まあ、名前から想像してみてください。


それにしても・・・眠い。
本当はいい訳とか色々書きたいんですけど
とても眠いのでとりあえず今日はもう寝ます。
おやすみなさい。
びよういんにいってきます。
健康診断の結果が返ってきた水無月です。


一月前の健康診断の結果が返ってきたのでちょっとみていたら
ちょっと芳しくない結果が出ていました。
実は、毎回ひっかかる項目があるのですが
今回はそれがちょっとひどめにでてました。


で、たまたま親と健康診断の話になって
「毎回ひっかかる項目があるんだけどね・・・」
と言ったら
「毎回ひっかかるものをなんで放っておくの」
と、ものすごく怒られました。


実は、大学時代
内定した今の会社に出す健康診断書を作るときに
この項目でひっかかったのですが
再々検査でなんとか通ったのでそれを通した経験があったので
そんなに気にするものじゃないのかなーと思って放置してたわけですが。
(問題ある項目なら何か一言言われるだろうと思うし・・・)


まあ、そんなこんなで
一度は病院に行けときつく言われたので
土曜日辺りにちょっと行ってみることにします。
多分大丈夫だとは思うんですけどね。



結構語りつくされた感のある話題について語ってみる
制作中断中の水無月です(何)


サボリグセのついてる水無月が珍しく語りモードに入ってるので
今日はつくらーに語りつくされた感のある話題について
語ってみることにします。


よくある「ゲームに大事なのはシステムかストーリーか」というやつです。



さて。
こうかくとうちに来る常連さんの大半は
私は絶対ストーリーだと言うであろうと予想されると思うのですが
実は案外そうでもありません。


私自身がつくるときはストーリーを重視しますし
自分が遊ぶときにもストーリーに重きをおいてる作品を好むけれど
だからといってシステム派を批判する気は全くなく
私自身は両方あっていいんじゃないの、というスタンスです。


ストーリー派の人はストーリー重視の作品を捜せばいいし
システム派の人はシステム重視の作品を探せばいいわけで
平行に存在していてもいいのではないかと思うわけです。



んで、こういう話題が何故突然出たかというと
ストーリー派の方がシステム派に対してものすごく批判的だからです。
私もシステム派の方のサイトはほとんど見てないのでいかんとも言いがたいですが
ストーリー重視を否定するシステム派はみたことがなくても
その逆は見かける頻度が高い気がします。
中には「ストーリーが作れないからシステム派っていってんじゃないの?」とかいう方までいましたが
逆の立場から見たら「システム作れないからストーリー派っていってんじゃないの?」ということになるでしょうし、
おそらく半分くらいはそれが真相なのではないかと思います(苦笑)


で、何故ストーリー派がシステム派を批判するのか。
それは、現状がシステム派に有利だからだと思います。
自分が主流派でないのは面白くないのであれこれ批判したくなるわけです。
気持ちはわかりますし、
批判するくらいは別に自由だと思うのですが
グダグダ言ったところで大衆の好みが変わるわけでもないし
あまり悪口を書くのも格好悪いと思うので
自称ストーリー派の水無月としては
ストーリー派の尊厳を損なわないためにも
もっと寛大になってほしいなあと思うわけです。


ついでにいうならば
システム派有利な状況でも本当に優れたストーリーのある作品ならば
やはりそれなりに評価はされると思うので
あまり悲観的にならずにいい作品を作っていただきたいな
なんて思います。


・・・うーん、なんだかまとまってないですがこの辺で。



水面下で準備中
テストプレイで睡眠不足の水無月です。


REVERSE公開にむけてここ数日最終自己テストプレイをしてました。
昨日も夜更かししてました。
おかげで寝不足です。
とりあえず2.5周して「まぁこんなもんか」ということに落ち着いたので
公開に向けて水面下で準備中です。



今回は、とある方(ってまあバレバレなんですけどね)との
合同企画っぽい流れになってるので
実は公開日もあるルールにのっとって決まってます。
ってなわけで、もう公開できる状態ではあるのですがまだ公開はしません。
一応公開は来週のとある日ですとだけ書いておきます。



ここのところはずっと7作目の制作にとりかかっていたので
実はREVERSEをじっくりみるのは久しぶりだったんですが
完成直後はみるのが恥ずかしくて(!)苦痛でしょうがなかったんですが
今見ると案外そうでもない感じがしてきたので不思議です。
正規エンドの終盤のルティアのセリフが全般的に好きかなぁ。



話はちょっとかわってセリフの話。




私も人のことは全然偉そうにいえないんですが・・・
っていうか自分自身も気をつけないといけないと思うんですが
以前とある方の作品をやったときにちょっと感じたことがありました。


その方も、わりとメッセージ性の濃い作品を作る方で
作者のメッセージを反映したセリフがたくさんあったんですが
そのシーンを見ながら私はずっと何か違和感を感じていました。
で、その違和感って何だろうとしばらく考えていて、気づきました。


それは、そのセリフがそのキャラのセリフになってなかった、ということです。



性格とセリフが一致していない、ということではないんですが
言葉の響きやかっこよさにこだわりすぎてセリフっぽくなかったっていうんでしょうか。
キメすぎて、そのキャラのイメージとズレるっていうんでしょうか。
なんとなく上っ面を滑ってる感じで軽く聞こえてしまったんです。



カッコイイセリフは大事です。
キメ台詞も必要です。
だけど、セリフっていうのは格好だけではダメだと思うんです。


そもそもセリフっていうのは何かというと
話してるキャラの思想や心情から出るものなわけで
キャラを動かしてセリフを言わせているのは作者かもしれませんが
作者の言葉をそのまま言わせてしまってはダメだと思うわけです。
そのキャラの内側から出たような、
キャラの感情が感じられるようなセリフでないと
聞いてる側の内側には浸透していかないんじゃないかと
私はそのように思います。



なんて、偉そうにいって自分がどうなのかは微妙なんですが(苦笑)
私は一応そのように考えているので
重要なシーンでキャラにしゃべらせるときは
「キャラになりきって考え」ます(笑)
大体言わせる内容を決めておいてから
キャラによってはわざとかっこ悪くしてみたり。


また微妙に話がずれますが、
たとえば、すごく難しいことをすごく難しい言葉で説明されてもわかりにくいですが
簡単な言葉で説明されると「ああなんだ、そういうことか」ってわかることがあると思います。
それと同じで、格好つけた言葉より単純な言葉ほどわかりやすくて内側に浸透しやすいってこともあると思うわけです。
そんなわけで、私は重要なところではあまり難しい言葉は使わないようにしてます。


・・・け、決して語彙不足のいい訳ではありませんよっ!!



セリフ全般に関して言えばもうひとつ、
たとえば感情を表に出す人と冷静な人では話し方も変わると思うので
キャラの性格が感じられるように組み立てるのもひとつポイントかなと思います。


なんて、気がつけばまたもやとりとめもない長文を書いてしまいました・・・(汗)
毎度の事ながらオチもないですがこの辺で。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。