(新?)自問自答
日頃のデキゴトや制作状況を綴ってます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・没没。
昨夜の日記の本を飛ばし読みしてどうにか最後まで読み終えた水無月です。


しかし、最後までどこが面白いのかさっぱりわかりませんでした。
最後にどんでん返しがあったりするのかと思ったら全然ないし
恋愛を軸にしたサイドストーリーもあるのですが
そちらがいいとも思えないし。


・・・・・・なんか、時間を損した気分。


まあ、
自分にとって読むのが苦痛なほど面白みを感じない小説って
そうそう出会ったことがないので
ある意味貴重ではありましたが。


なんか酷評してますが、あくまで自分の基準なので
多分読む人が読めば面白いんだと思います。
・・・・・・おそらくは、おじさん読者向けなんだろうと思います(苦笑)
エロとバイオレンス(これはそこまでではないけれど)は
否定する気はないけど好きではないんですよね。
私的には、ミステリーの探偵はクールで知的なのがいいです。



悪口?ばかりも何なので話を変えませう。
某所にて反応もあったことですので前回の日記の没作の続きでも。
以前のサイト開設以降のボツ作ということになります。
まあ完全にボツにしたわけではなく、厳密には保留なのですが。


・Answer

時期的には、ROHとOriginの間。
本当は、Originの前に作る予定で紹介ページも作っていました(笑)
予定を変更してOriginを作っている間に
メインで曲を借りていた素材屋さんが閉鎖してしまったため
なんとなくそのまま頓挫してしまいました。


シリアス系の中編ファンタジーで、
恋人を事故で亡くしたシリウスという魔術師が主人公。
前回のボツ作で紹介した「Soul(仮)」と同一の世界の話です。

実はこの主人公、元々はSoulのチョイ役の予定だったのですが、
恋人が事故でなくなった云々の話から彼の話が膨大になったため
彼を主人公にして一つ話がつくれるなぁ、よし、作るか~
という流れになりました。

結局ボツになってるわけですが
ストーリーやキャラには思い入れがあるので
いつか作りたいとは思ってます


・タイトル未定(いつぞやの試食版)

時期的にはOriginとROH2の間。
いわゆるオンの「ご近所づきあい」が活発だった時期で、
よくも悪くも周囲の作風に影響されていました。
その無理がたたって挫折したんだと思います。

どたばたコメディー風味ファンタジーRPGで、
これまたSoulと同じ世界の話。
ちなみにAnswerのシリウス君も登場予定でした。
無謀にも豪華3本立てを目指していたのですがあえなく撃沈(苦笑)

とはいえ、これもまだ完全にあきらめたわけではないので
自分らしいつくりに変えていつか作り直したいですね。


・ートワー

時期的にはROH2の次。
以前のサイト閉鎖直前。
何故ボツにしたのか自分でも思い出せないのですが
オンオフ共にかなりもめていて心身ともに疲労しきっていたのが原因だろうと思います。


割とシステム重視型の王道ファンタジー。
ヒロインの特殊設定が真っ先に出来上がって
そこから話を広げているので話的にはかなり無理がある感じがします。
とはいえ、キャラクターたちは気に入っているので
これもいつか制作再開したいです。
今のところは一応Godchildの次回作候補のひとつです。


もっとも、次回作がどうなるかは制作終了時のモチベーション次第ですが(汗)










スポンサーサイト
あくまで自分の好みだけど
某雑誌で面白いと紹介されてたらしいとあるミステリを読んだら
全然面白くなくて微妙な気持ちになってる水無月です。


この本に関しては、何がイヤだったかというと
登場人物が、主人公含め全員気に入らないということです(苦笑)
特に女性の性格のいやらしいことといったら
この作者は女性不信なのかと思うくらい。
ミステリである以上オチを見届けないと気持ち悪いので
仕方なく続きを読んでいるのですが
なんか鬱々とした気持ちになってきます。


全体的に人気があるとか評価が高いのと
自分がいいと思うかは必ずしも一致しないということを
あらためて認識した今日この頃。



まあ、今回は小説の話でしたが、
ゲームに関しても似たようなことはあります。
特に自分の場合はメジャーなシステム派ではなく
ストーリー派だということもあって
なかなか巷の評価と好みが一致しません(苦笑)
まあその分掘り出し物を発掘したときの喜びは大きいですが(笑)



ちなみに。
自分の好みの作品の特徴としては

・ストーリーに齟齬がない。
・雰囲気がある。
・演出が上手。

ってところでしょうか。

雰囲気と演出がいいだけでも、1回目はハマるのですが
ストーリーに無理があるものは
後で余計なところに気づいてしまって
消化不良を起こしてしまうのです(苦笑)


この傾向は、
いろいろ複雑な設定をつけた話ほど多い気がします。
作者自身がそこまで考えていないか、
あるいは作者の頭の中では出来上がってるけれど
プレイヤーに伝わらないということもあるかなと思います。
後者の場合は作者としてはちょっと辛いですね。



人の振り見て我が振りなおせ。
特に今作は設定がかなり複雑なので
自分自身も気をつけないといけないなぁと思います。



進みそうで進まない。
ご近所さんの作った短編RPGをやっていたら
自分もハートフルな短編RPGが作りたくなった水無月です。



人の作品に感化されるのは毎度のことですが(苦笑)
ここのところシリアスを作るのにかなり限界を感じてるので
今回は余計にそれが強く出ています。


はぁ・・・・・・
ほのぼの~!ほのぼの~~!!(←禁断症状)




気持ちを入れ替えて・・・・・・制作日記。

かれこれ4日ほどかかっていた大したことないイベント会話を
ようやく書き終えました。
ここまで神界の舞台設定の説明をしていないことに気づき
挿入していたのですがこれが案外難しい。
無駄に長くなってしまったのですが
これ以上削るのも不可能と思い妥協。
こういう説明文って嫌いだ・・・・・・



主人公が地上の住人である以上
神界のことを詳しく知らないのはどうしようもないのですが。
ホームグラウンドの地上では大活躍の主人公も、
アウェイの神界では今ひとつぱっとしません。
だんだん主役がレイド君になってる気がしてきました(汗)
主人公、ピンチです。



後編の進捗状況はというと、まだはっきりとかけません。
実は後編がどの程度の長さになるか自分でもよくわかってなかったり。
絶対必要なイベントは決まっているのですが
それをつなげてどの程度の長さになるのか今の段階では想像できません。
ただ、あまり長くはならないと思うのですが。



一応完成目標は年内。
そして次回はほのぼの中編を!なんて。


いろんなジャンルのモノが作りたいといいつつ、
結局は得意分野に回帰していくのでした。
・・・・・・うーん、進歩がないなぁ(苦笑)







没没。
頂き物のパウンドケーキのブランデーに酔ったらしい水無月です。


お酒を少々入れるとおいしくなるのは知ってますが、
あきらかに入れすぎ。
しぼったらお酒が出てきそうなくらい入ってました。
疲れてるのもあると思いますが、妙~に眠いです。



一昨日のチャットで
「1作目(Predetermined)の前に没った作品が10くらいある」
という話をしたら
非常に興味を示されましたので(←社交辞令だっつーの!)
今日はボツ作品の紹介でも致しませう。



いくつかについては以前、
りとれじぇの元案ということで書いたのですが一応それも入れてみます。
大体制作順のつもりですが、詳細は覚えてないので微妙です。


?本当の1作目(名称未定)

以前日記で公開したりとれじぇの原案です。
詳細は日記をさかのぼれば出てくるはず。
この2年後にPredeterminedを公開したわけですが
初期のコレから比べるとかなりの進歩かなと自分で思います(笑)



?Soul(仮)

以前のサイトで試食版を出してた作品と同一の世界の話。

ストーリーとしては、主人公のニナ(女)が偶然に
世界を破滅に導きかけた過去の伝説の魔女の記憶を
受け継いでしまったために
なんとかするため大聖堂を目指して
幼なじみのカイルと旅に出るというもの。

キャラやストーリーは割りと気に入っているので
実は既に3度ほどリメイクを試みているのですが
そのつど失敗しています(笑)
ちなみに、この話に出てくる大聖堂の巫女さんで
フィミスという女性がいるのですが、
彼女が後にPdのシルフィーナの原型になりました。


?冒険者(仮)

ジャンルとしては自由度高めのダンジョン探索系?で
さまざまな特殊技を仲間をとっかえひっかえしながら
ダンジョンを制覇する感じのになる予定でした。
私にしては割と珍しい試みだったかも。

メインストーリー、というのはあまりないのですが
ただ、強引に仲間に加わるヒロインが
失踪した学者の父親を探してる、というのがありました。
どうも、こういう設定が好きなようです(苦笑)


?ベストパートナー(仮)

りとれじぇの原案たち。
ちなみに同じタイトルで3つあります(笑)
メインストーリーはりとれじぇとかぶるので割愛しますが
設定やシステム的な違いとして

その1:アルト(=ユリア)とユーリ(=アーディ)が幼なじみ。
    好感度イベントにより筋が後半(りとれじぇでいうドソン港のイベント)で分岐

その2:リィン(=アーディ)とティア(=ユリア)がクラスメイト。
    マルチストーリー?
    序盤、誰と行動するかでストーリーの視点が変わる。
    (メインはティアの話になりますが)

その3:アルト(=ユリア)とユーリ(=アーディ)が冒険者ギルドのペア
    ギルドイベントが割とメインの予定だった。


どうも、この頃はシステムに割りと情熱を注いでた感じがします(笑)


?雨のち晴れ(仮)

現代版ファンタジー。
とある神社にすんでいる神様の雨音(あまね)が主人公。
隣町の神社にいる海(かい)と共に
町に突然悪霊が現れた原因を探るという話。

人間に変身したりしながら話を進める
変身システムというのがありました。
アイデア的には気に入ってるのでいつか使いたいです。

ちなみに、Originのキアラのキャラグラは
雨音に色々アドバイスをくれるアンティークショップの
お姉さん用につくったものでした。

あと、もう一つ裏話としては
雨音という名前は、元々は自分のHN用に考えていたものです。
たまたま同じHNの人を見たので変えたのですが、
よく考えると、水無月の方がよほどかぶってますね(苦笑)


?Miss Dragon Knight

シナリオ形式のハートフル学園ファンタジー?
ストーリーとしては
竜と人が共存している世界で
偶然竜の子供を見つけたヒロインが
女性初の竜騎士を目指して奮闘するお話。

学園モノというのをなんとなくやってみたかった・・・のかな。


とりあえず、Pdの前にボツったのがこれくらいです。
コレだけ見ると相当飽きっぽい人みたいですね。
・・・事実飽きっぽいんですが(ぇ)


その後のものもいくつかあるのですが
それは次回のネタにすることにします(何)

二転三転。。。
3日連続飲み会でフラフラといいながら昨夜某所のチャットに侵入していた水無月です。


流石の私も3日連続飲み会は疲れます。
正確には、飲む相手が気を使う相手ばかりだったから
気疲れしたというほうが正しいんですが。
・・・・・・やはり私は絶対営業にはなれないなぁ。



現在製作中のGod childですが、
後編を着々と進めつつ、
前編のみの体験版を出すのはやめようかなと思い始めています。


昨夜のチャットで
一般論として「体験版を出すとそこで満足してしまうのでよろしくない」
という話をしていたのとは関係なく
どうも最後の最後まで全体の話の流れを調整・修正する必要が出てきそうな予感がしてきたからです。


今までそんなことはなかったのですが
今回何故こんなことになってるかというと
舞台背景が恐ろしくいりこんだことになりつつあり
どこでどの程度説明するか判断が微妙になってるからです。


・・・神界の人間関係が複雑すぎる(汗)
やはり相関図が必要かも。


~神族脇役メモ~

・リヴェル=ファウスト        
  かつては中心となって神界を支えた名家の主。             が、本人は重大犯罪人として処刑され、家も取り潰しになった。  
  アッシュに一通りの教育を施した人物
     
・ウォルフ=ヴェズリー(やっと名前が決まった)   
  現在神界で最も発言権を持つ名家の主。レイドの父。
  
・アリード
  ウォルフ=ヴェズリーの腹心。かなりの切れ者。

・シャリナ
  リヴェルの友人。地上の小さな村を統括する神族。
  
・フェリル
  ヴェズリー家に使えるお手伝いの少女。レイドの世話役。

・ウェイン
  レイドの学友。神界の南端の村に住む。
  神界の中では最下層に近い地位の神族。




最初はこの半分も出てくる予定はなかったのですが(汗)
こんなに脇役出すのはじめてかも・・・


バンド第2弾仮決定?
帰り道、雨に降られて日傘を雨傘にして帰ってきた水無月です。


雨が降るなんて聞いてなかったよー!!
まあ、おかげで少し涼しくなったけど。


以前、通ってるピアノ教室の合同発表会でバンドを組んだのを
以前からの常連さんはもしかしたら覚えているかもしれませんが
実はその第2弾があるかもしれないという話が少し前にでていました。


そのときの話だと
出演者が少なくて(半ば無理矢理?)借り出された去年と違い
今年は希望者が多いので抽選になるかも・・・ということだったので
希望者が多いんだったらやめようかなと思っていたのですが
今日になって、どうも抽選ナシで大丈夫そうだといわれました。
ということで、おそらく第2回目のバンドをやることになりそうです。



とはいえ、今年の選曲はどれも難しくて
前回ちらっとスコアを見せてもらったのですが
弾けるかどうかかなり微妙な感じでした(汗)
実際出ることになっても大丈夫なのかなあと少し心配。
気合でなんとかなる・・・かなぁ。なるといいなぁ。多分なる。(←自己暗示)





節電生活。。。
あいかわらず夏バテの水無月です。


職場ではあいかわらず節電節電と言われ
今日もクーラーの設定温度を上げられたり
昼休みに部屋の電気を消されたりしていました。


話によると、(多分電気会社との契約で)使える使用電量が決まってて、
連日の猛暑によるエアコンの使用などにより
現在上限ぎりぎりらしいです。


というわけで今は会社のどこにいても暑い・・・地獄だ(涙)
外よりはましだけど仕事する環境じゃないぜっ!!
ということで最近はさっさと帰ってます。
まあ、幸い今は仕事もおちついているのでそれも可能なのですが
この状態がいつまで続くのやら(汗)
毎年のこの時期のことを考えると、
今の仕事量のまま無事夏が終わるとも思えないので内心ビビってます。
今の静けさはもしやビッグウェーブの前兆なのか?
うう、恐ろしい。


話はかわって。


母親に「あんたがすきそうだから貸してあげる」と
東野圭吾氏の「探偵ガリレオ」を貸してもらったので読んでいたのですが
確かに、私好みでした。
さすが親だけあって私の好みをわかってらっしゃる(笑)


なんというか、一部の理系オタクのみを対象としたような
なんどもいえない研究室的な雰囲気がたまらない(笑)
森博嗣氏の作品とやや雰囲気が似てます。
似ているどころか探偵役が物理学の助教授っていうところが同じだけど(笑)


ちなみに、私は一応理系ではありますが謎はひとつも解けませんでした。
「爆ぜる」だけは犯人が捕まった時のセリフでわかりましたが・・・。





ひそかに100越えー
あまりの疲労と暑さでテニスのレッスンをさぼってしまった水無月です。


今週すぎれば暑さも少しマシになると聞いていたのですが
とりあえず今の段階でその気配が感じられませんね(汗)
やれやれ。


話はかわって制作日記。
進捗状況ですが、実は何気に前編101%です。
前編の終了イベント+オマケイベント+後編の序盤のイベント
を作っていました。



ちなみにオマケイベントは4つです。
うち二つは知ってる人も出てきたり。
前編のラストということで、微妙なイベントになってますが(苦笑)



以前、前編が完成したら体験版を出すと言っていたのですが
今のところまだ時期等は未定です。


テストプレイの時間がとれないとか
納得いかない部分があるとか
ReadMeを書くのが面倒とか(何)
理由はいろいろですが。




あーつーいー
連日の暑さで溶けそうな水無月です。


暑い・・・暑すぎる・・・
このところ職場でも厳しく節電といわれ
クーラーの設定温度を上げられているのですが、
私の机の辺りは外気が入ってくるので熱風にさらされている感じだったりするので本当に辛い(涙)
部屋にいるだけで体力を削られている気がします。
早く涼しくなって欲しい。



話はかわって投票所、
りとれじぇにまたも1票はいってました。
あれ、やりこみ要素なんてあったっけ(汗)
あえていうなら月の誓とギルドイベントくらいだけど・・・
まあ、それでも楽しんでいただけたみたいで何よりです。


今までの投票所のコメントを見ていると
全体的に丁寧に作ろうと心がけたことが評価の要因なのかなという感じがします。
もっとも自分のとりえといえばそれくらいしかないのですが(苦笑)
これはやはり今後も大事にしたいなぁと思います。




制作色々。
夏休み最後の日を名残惜しんでいる水無月です。


また明日から忙しい日々の始まりです。
長期休みは確かに嬉しいのですが、
生活リズムが微妙に狂ってたりして
休み明けはむしろしんどいので少し微妙です。
まとまった休みより、忙しい日々の間に一日ある休みなんかのほうが実は嬉しかったり。


なんて、そんな大人の事情(?)はさておき(笑)
制作日記でも。



進捗状況は90%といったところです。
メインストーリー関連で組むイベントはあと1.2コくらい(ひとつは現在つくりかけなので)です。
舞台設定の説明って面倒くさくてどうにも苦手です(苦笑)
さくっと終わらせて次に行きたい気持ちでいっぱいなんですが(笑)


実は、今回前編のラストではじめて飛行船機能を使う予定なので
そこのテスト飛行(?)をしたくて仕方ないのです。
飛行船、といえばお決まりの「おまけ島探索」なども若干作りたいんですが
本当のラストではなく前編のラストなので、
最終戦まで使えるようないいアイテムを置いたりなんていう
すごいイベントは組めないのが少し残念です。
後編にもイベント組んでリンクさせればどうにかできるかもしれませんが。
う~ん。



最後に、話はかわってマップ組みの話でも。
今回は主にダンジョンに言及したお話ですが。


今まで私はマップは階層が変わる場合以外、
つまりある程度同じ高度に位置するマップはすべて一枚で作っていたのですが
いろんな方のマップ(特に先日クリアした作品)を見て
複数使用するほうがいい(より複雑な?)マップが出来るんじゃないか、という気がしてきました。


自分のマップをじっくり見返してみて、一枚のマップの中を
ぐねぐねと蛇行→階層を上下もしくは外へ出る
を繰り返している単調さに気づいて「これではいかん!」と思った次第です。



一枚の中では色々表現が難しいです。
変化をつけるのが難しいですし、何よりそれなりの距離を移動しているという感覚がなかなか湧いてきません。
作る側としては一枚マップのほうがラクな点も多いし
複雑なダンジョンは嫌い(さっさと抜けたい)な人とか
いちいち場面が切り変わるのが面倒だという人には
むしろ一枚マップの方がいいのかもしれませんが
歩き回る楽しさ、という観点からすると、やはり複数マップのほうがいいのではないのかな、と。


りとれじぇでマップ組みにはかなり自信がついたつもりでしたが、
あらためてまだまだだなあ、と思いました。
でも、逆にまだまだ発展の余地があるんだと考えれば、決して悪いことではないかなと。



流石に今のものを修正するのは手間なので今回は1枚マップで作りますが
次回は複数マップを使ってもっと歩いていて楽しい道を作りたい、と思った水無月です(笑)


苦しいときのネタバレ頼み。
気がつけば夏休みもあと一日・・・ちょっぴりブルーな水無月です。


夏休みに入る前から予想していた通り
結局ダラダラ過ごしているうちにすぎてしまった感じです。
あと3日くらいはほしかったなぁ。



人様のツクール作品によくも悪くも影響をうけつつ
今日はぼちぼち自作の制作を進めていました。
進捗状況は前編の85%といったところ。
とりあえず前編のマップは全部完成しているので
あとはイベントを組むだけなのですが
これがなかなか難しい。
やはり自分はシリアス向きではないのかしらと思ってみたり。



そういえば作品投票所であらたにりとれじぇに1票入ってました。
マップは丁寧に作ったつもりなのでその辺りを気に入ってもらえると嬉しいですね。
人柄がどうかは微妙ですが(笑)



あと、私信ぽい独り言なんですが
以前REVERSEをやってくださった方が原案のPredeterminedもやってくださっていたようで、ちょっと嬉しかったです。


私自身は、Predeterminedをやってくださった方が
REVERSEをやってくださる事に関してはそれなりに考えていて
前作を知っているからわかる楽しさと、
前作を知っていてもわからない楽しさがあるようにと
意識して作っていたのですが、
実はその逆はあまり想定していませんでした。


なので、REVERSE(の正規エンド)ですべて説明してしまった後で
Predeterminedを見てもあまり面白みはないんじゃないかと思っていたのですが
案外そうでもないのかなあと思いました。



・・・以下少々両方のネタバレっぽいので隠しておきます。



[READ MORE...]
勢いで語っちゃいます。
昨日日記にかいていたRPGをクリアして呆然としている水無月です。


不覚にも、というか・・・
人様のツクールゲームで初めて泣いてしまいました。
コレすごすぎるよーーー!!!



というわけで、
普段はゲームにハマってもその作品の紹介をすることはなかったのですが
今回は特別に紹介しちゃいます。


harmony days
リンクフリーらしいのでこっそりリンクはっちゃえ(何)


タイトルは見覚えがあるので割と古い作品なのかなと思います。
新しいモノを期待していた方は申し訳ないですが(苦笑)



超ストーリー重視の長編RPGです。
(でなきゃここまでハマりませんが(笑))


最初は2大勢力の対立を軸とした
勧善懲悪的な話なのかと思っていたのですが
そんな単純な話ではありませんでした。
序盤にある程度の展開予想はできるのですが、
その展開が問題なのではなく過程が重要というか・・・
詳細かくとネタバレになるのでかけませんが簡単に言うならば


一度やってみてください(何)


やって損はないと思います。
・・・激しくシリアスなのでライトなノリを好む方にはあまりオススメできないかもしれませんが。
かなり色々考えさせられる話です。


なんていうか、心理的描写がものすごくうまいんだなあ・・・
プレイ中何度も涙腺が緩みました。
ラストダンジョン侵入のための前準備のイベント(←ネタバレ規制のためこんな表現に)でとうとう涙が。。。
ここの主人公のセリフが好きです。


なんていうか、作品を支配する空気が
かなり自分の思考と近いものがあるので
おそらく作者さんは年齢的に近い人なんじゃないかという気がします。
さらにいうならば、きっと理系に違いない
なんて勝手に想像してみたり。



ハマってしまいました・・・!
最近他人様のツクールゲームやってばかりの堕落気味な水無月です。。。


実は、ちょっと息抜きにと思ってダウンロードした作品が
ものすごい作品で、すっかり取り付かれてしまったのです。
まだクリアしてないんですが、超名作の予感がします。



かなり重いテーマを扱った作品なので、
これをやったあとは他の作品が頼りなく思えてしまいそうです。
というか、実はそれで自作の制作に二の足を踏んでるわけですが(汗)
そもそも比較するのが間違いだとは思いますが


――それに比べてうちの作品はなんて軽いんだぁあああ・・・!!!


とか考え出すとテンションがローギアにシフトしてしまうのです。
はぁ・・・


自称ストーリー派なら、もう少し真剣にシナリオ練るべきですね。
(↑昨日と言ってることが逆!!!)



ダレきってます。。。
ようやく短い夏休みに入ってダレまくりの水無月です。


初日の今日は案の定昼まで寝ていました。
思い切りいい訳ですが・・・
休み前に仕事が立て込んでいたので今週はいつもより忙しかったので
本気で疲れていたのです(汗)



そんな感じで今日は昼過ぎに起きて、
ツクールやったり高校野球を見たりしていました。
ご近所さんも見ていた「駒大VS広陵」の試合、
私もテレビで見ていたのですが
野球って最後まで本当にわからないものですね。
途中までは駒大が勝つものだと思っていたのですが
9回表の2アウトから思いがけない展開が・・・
ほんの少しだけ駒大ひいきだったのでちょっと残念。



高校野球って、自分が高校の頃はあまり興味なかったのですが(出身高校の野球部は弱かったし・・・)
最近なんだかハマってます(笑)
長期戦のプロ野球と違って
一度きりの高校野球は独特の緊張感があって感動もあったりして
見ていてとても面白いのですよね。



制作サイクル
夏季恒例の「慢性おさぼり病」におかされている水無月です。


ここのところ本当に忙しすぎて
帰ってから何もする気がおきません・・・
やりたいことはたくさんあるのですが集中力が持たない(汗)


というわけで、夏場の制作は休日オンリーに絞るほうがよさそうです。
現に、今まで作った作品を見ていても、
冬場に作った作品の方が出来がいい気がします。
自分の場合、制作は秋に始めるのがサイクルとしては一番いいのかな、なんて思ったり。
・・・ちなみに一番ひどいOriginは最も忙しい春から夏にかけて作った作品です。



で、同じサイクルに入りかけているGod childですが
半分スランプに突っ込みかけながら、かなり設定に変更をきたしながら(何)
微々たる速度で一応進んではいます。


現在は、ようやく3人目のレイド君が仲間に加わったところです。
実は、初期の設定では彼は後編の序盤で仲間に入る予定だったのですが
二人旅は戦力的にも会話的にもかなり厳しかったので
かなり前倒しで強引に仲間に入れてしまいました(苦笑)
・・・シナリオが流動的なのはいつものことです(コラ)


っていうか、このレイド君・・・
かなりヤな奴として設定したはずなのですが、実際動かしてみると
「背伸びしてる小生意気なガキ」なところがなんかかわいく思えてきて
妙に気に入ってしまいました(笑)
なんか主人公より好きかも――って・・・あ、アレ?





ちょこちょこいじってます。
首に日焼け止めを塗り忘れてテニスをしたために
首が?字にやけてしまった水無月です。
もう既に半そで焼けのためにノースリーブが着れない状態なのに、
着れる服がますます少なくなってしまいました(汗)
困ったものです。


サイトを少しいじったついでに日記を戻しました。
やはり、(特にネタのないときに)ネタバレ話がかけないのは辛かったので(笑)
ネタがないのもありますが、それ以上に忙しいので更新頻度が下がってます(苦笑)
そのへんはご了承ください。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。