(新?)自問自答
日頃のデキゴトや制作状況を綴ってます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チップ○ターが・・・。
ふと、無性にチップ●ターが食べたくなったので
コンビニで買ってきました。


で、フタをあけて中の袋を出して開けてみて
「あれっ?」と思ったんですが。


「なんか、中身少なくなってない?」


いや、私もふだんからそんなチッ●スター食べてないし
内容物の容量を的確に覚えているわけではないんですが
遠い昔の記憶では、袋の上部までパンパンにブツが入っていた気がするのに
今日のは、上の空間が妙に多い気が・・・


気のせいではなく
原料高によるコスト上昇を抑えるための企業努力のたまものに違いない
というのは私の穿った見方でしょうか。
ううむ。


気のせいだったらすみません。ナビ●コさん(汗)
スポンサーサイト
その裏にあるもの。
「何故人を殺してはいけないのか」について書いた昨日の日記の続きです。


今日ふと思ったんですけど
「何故人を殺してはいけないのか」の問いの裏にあるのって
「何故人は生きなければいけないのか」なんじゃないでしょうか。
さらにいえば、「何故自分は生きなければならないのか」。


自分なんていてもいなくても同じなのに。
生きていたってつらいだけなのに。
こんなに辛い思いをしてまでなぜ生に執着しなければならないのか――


そんな風に、
自分が生きる理由を見つけられない人・幸せを見いだせない人が
そこから自分を傷つけるほうに向かうか、他人を傷つけるほうに向かうか
その違いだけなのかもしれません。


・・・なんかさらに暗くなってしまった(汗)


深刻すぎる話題って連続しないほうがいいですね。
そろそろやめます(苦笑)
(SNSの日記より引用)
昨日ツクールSNSのほうの日記で書いていた内容なんですが
あんまりふさわしい内容でもない気がしてきた&
追記が書きたくなったのでこっちに移してきました。



「何故人を殺してはいけないのか」


昨日から読んでいた「決壊」という小説の中で
無差別殺人が起きた後のテレビの番組内で
とある少年がこういう質問をするシーンがありました。


で、その質問に対してコメンテーターが
「じゃあ教えてやるよ」と言って突然彼に近づき、
ポケットからペンを出して腹に刺す真似をして
「人が人を殺していい世界なら、これはナイフでおまえは死んでいた。
自分がされていやなことは人にもするな。それが基本だろう」


っていうんですが(私はそれで結構納得しかけたんですが)
その少年はというと


「そういう世界だったら、自分が先に殺していたと思います」
「自分が殺されていいと思ったら、人を殺してもいいってことですか?」
「自分が殺されてイヤだって思うのと、人が殺されてイヤだって思うのは関係あるのかな・・・ないよねえ・・・」


っていうんですよね。
そのシーンでは結局番組がそこで終ってあいまいになるんですが。



もし私がその場にいたら
たぶんこの少年の頭をぶん殴りたくなると思うんですけど(苦笑)
ただ、こういう考え方をする人は
現代では「特殊な存在」ではなくて、
多数じゃないにしろ一定数いるんだろうなと思いました。


「なぜ人を殺してはいけないのか」という話は、
実際テレビ番組でも話し合われてるのを見たことがありますが
正直なところ、その議論を聞いて
私が心から「なるほど!」と思う理由は聞いたことがない気がします。
かといって自分がうまく説明できるかといわれるとできませんが
というより、
言葉にすると何かが違う――というか足りないような気がしてならないんですよね。



たぶん、大多数の人は言葉ではなく
感覚として、本能として?命の尊さを知ってるから
人を殺してはいけないのは当然だろうと
当たり前のように思ってるんじゃないかなぁ。
だから、その感覚に近いものを言葉で理論で説明しろと言われても難しい。少なくとも自分には。



以前部長さんが面白い話をしていました。


とある先生が、幼稚園児に
全く何の説明もしないでウサギの子供を抱っこさせたところ
幼稚園児たちは何も言っていないのに、優しくそっと抱っこしたんだそうです。


私は、それは人は命の尊さを本能的に知ってるってことじゃないかと思って聞いていました。


ウサギを抱いて、あったかいと思う感覚。
にんじんを食べているのを見てかわいいと思う感覚。
それが生きているということ。


それが、冷たくなってしまったら?
ぴくりと動かなくなってしまったら?
なぜか辛くて悲しい。
これが死ぬということ。


――って感覚を知っていれば
その時の悲しさを知っていれば
何故?と問うまでもなく、
命を奪うという行為がどれほど残酷な行為なのか
自然とわかるんじゃないかと思うんですけど・・・。



「何故人を殺してはいけないのか」
と本気で疑問に思う人は、きっとその感覚がないのだと思います。
そして、こういうことをいうと身も蓋もありませんが
その感覚のない人を理論で説き伏せようとしても
無理なんじゃないかと思います。
なぜなら。
理論をたてるための前提条件である「命は尊い」という感覚が
そもそも相手にないのですから。


「自分がされて辛いことはするな」
といっても、
自分の命を軽んじている人にはなにも響かない。

「自分の知り合いが死んだら悲しいだろう?だからするな」
といっても、悲しく思えないのだから響かない。



・・・だとしたら、どう納得させればいいのか。
といわれると結局よくわかりません。
救いのない話ですいません。


ただ、いろいろ考えさせられたのでつい何か書きたくなったのです。
深い・・・・よ。
昨晩は「決壊」を読みふけって気づいたら3時でした。
眠い・・・。


とりあえず読み終わったんですけど
読後感はというと救いがなくて決してよろしくないんですけど
かなり考えさせられるものがありました。


自分を棚上げしてとりあえず偉そうに批評するならば。
さまざまな問題があって、
(犯人はつかまりますが根本的には)解決はしないので
それが読後感の悪さになっているんでしょうけど
「現代人の心の闇」をかなり的確に抽出して問題提起している(と思う)――
というところが大きく評価される点なんじゃないかなと思いました。


で、
この本、オススメかというと私は微妙だなと思います。
中身の良し悪しという意味ではなく、闇が深いから。
人によっては「悪魔」のささやきに飲み込まれてしまう・・・かもしれません。
到底許されないし理解もできないけど、犯人の動機に妙な説得力がなくもない。
秋葉原の事件の人がこれを読んでいたとは思わないが
「こういう動機であったのかもしれない」と思わず思ってしまった。


だから、これは
「自分が不幸せだ」と思ってる人間が読んではいけない。
ある程度満たされている人間が、
現代に潜む闇の正体を知りたいと思うのならば読んで損はないと思います。


・・・なんて、なんかよくわからない批評ですいません。

「決壊」
という小説を読んでいます。


この小説、一部では秋葉原事件を予言していたともいわれてるらしく
まだ途中までしか読んでないのですが
「ネットで殺意を書いていた」「社会的に阻害されている」人間が「無差別連続殺人に走る」
という点に類似点はあるといえばあると思います。
ただ、私はあくまで「言われてみればそうかな」という程度にしか感じていませんが。


今のところ殺人事件は起きたばかりなのでその辺はさておき
登場人物の心理なんかには共感できる部分がかなりあって
なかなか考えさせられるものがあります。
特に崇の考え方には自分とかなり似ている部分が。
まあ自分はこんなエリートじゃありませんが(笑)


どうか犯人じゃありませんように・・・!




やっと終わった・・・!
ここのところ日記もそっちのけであっぷらやってたのですが
先ほどようやく無事エンディングを見ることが出来ました。


いやー長かった・・・!
私がEDまでたどり着いたツクゲーの中では一番の長編かもしれません。
まあ、バトルが大変ってのもあるんですが
これまでせいぜい休日込み3~4日でクリアしてたのに
今回は2週間くらいかかってますもん(汗)


以下ネタバレ話。(だいたい後半について)
[READ MORE...]
戻ってきましたよん。
とりあえず東京から戻ってきましたよー。
疲れたぜぃ。
あわただしい週末になってしまったけど、
向こうの課長さんに接待(笑?)してもらったりして楽しかったんで良しとします。


昨日は浅草の「神田バー」なるところでデッキブラン?なるものを飲ませてもらって
その後浅草を案内してもらいました。


浅草は2度目なんですが、詳しい人間に案内してもらうのはまた違いますね。
下町の文化に触れた感じで楽しかったです。
ただ、紹介してもらったところの多くは女の子だけじゃ入れないようなところばっかりだったんですけど(笑)
(「神田バー」もぶっちゃけ下町の食堂みたいなところなので女の子だけでいけるような感じじゃないです)
常連さんのおじさんと一緒なら行ってみたいです(笑)


今日は、後輩に約束をすっぽかされたので(苦笑)
一人で丸ビルをうろついてました。
あ、丸ビルって大阪の文字通り丸いビルのことじゃなくて丸の内ビルのことですよ。
――って、勘違いするのは自分くらいか(笑)


で丸ビル。
職場の先輩がかつて東京に行くとき
丸ビルにすごく行きたがってたのでどんだけすごいところかと思ってたんですが
あまりブランドとかに興味がない自分にはこじゃれたデパートとしか映りませんでした(おい)
い、いいんだよ私は田舎者で!


・・・結局地下にある「COLD STONE」でアイス食べただけて帰ってきました。
千疋屋(せんびきやってこれであってる?)のフルーツパーラーなるものも気になったんですが
お値段がお高く感じたのでやめました。
なんかやたら高い気がするんですが・・・果物がイイモノを使ってるんですかねえ。


●心残り、というか今思い出したこと。

おみやげは資生堂パーラーのクッキーにしようと思ってたのに忘れてた!
結局「ごまひとひら」買って来ちゃったよ・・・。
ちなみに家には「雷おこし」を買いました。
小さいころ父親の東京出張のお土産がいつもこれだったので懐かしくてついね。
色形とか味とか、昔とまったく変わってなくて嬉しかったり(笑)


にしても東京のおみやげって難しいですよね。
「東京ばなな」とか「ごまたまご」とか色々あるけどどうも「コレ」ってのがない・・・。



明日は東京でお泊りです。
明日は午後から東京出張ってことで、東京でお泊りしてきます。
会社には日帰りで申請してるので自腹でビジネスホテルに予約しました。


東京にはまったく土地勘がないので、
とりあえず東京駅から近い感じでお値段が許容範囲のところにしたんですが
どんな感じの場所にあるかわからないのでドキドキしています。
怪しいところじゃなければいいですが(汗)
・・・とりあえず新宿の東口ではないです。


あと、カプセルホテルはべらぼーに安いけど流石にやめときました。
秋葉原にあるネットし放題・女性専用階?のあるカプセルホテルは気になったんですけどね(笑)
しかし、ネットし放題というあたりさすが秋葉原だなと思ったり。


秋葉原はひそかに一度見てみたいんですけど
あの事件のこともあるので今回は自粛しときます。
やっぱりちょっと怖いし・・・ね。

おら東京さ行くだー
今日突然上司に言われて土曜日に東京出張に行く羽目になりました。
急すぎるよぅ!


まあ、前回は週のど真ん中で日帰りという強行日程だったのに対して
今回は週末だというのがせめてもの救いですけどね。
(ちなみに元々土曜日は出勤日だったんで休みが減ったわけではないのです)
最終の新幹線で日帰りしてもいいんですが
それもしんどいので一泊してくるか迷い中。


追記。
あっぷらネタバレ進捗状況。
[READ MORE...]
お願いみんなっ・・・力を貸しt
――ハマりすぎだっつーの!


んーとタイトルから暴走してすいません(汗)
元々気になってた&某氏がやりはじめたのがきっかけで
「新説-UPRISING-」をプレイしはじめたんですが――


・・・ヤバイです!面白すぎます!


シミュレーションゲームってのはほとんどなじみがなくて
(まあ、シミュレーションじゃないけど以前やった市販ゲームの「西風のラプソディー」が
割と似たようなシステムだったのでかろうじてついていけてますが)
イージーモードでCランクとか普通に出してたりするんですが(汗)
シナリオが面白いのでなんとか投げ出さずに頑張ってます。
今の段階ですでにかなり苦しいんですがなんとかEDまでたどり着きたいです。




とまあ、今は純粋にプレイヤーとして楽しんでるんですが
一方でつくらーの悲しいサガかな、
同時に製作者側の観点でも色々考えてしまいます(笑)
まあ、これは今回に限らず毎回なんですけどね。


とりあえずこれに関して思ったことは
戦闘ターンとイベントターンのメリハリがきいてるってことでしょうか。
戦闘は戦闘、イベントはイベントできっちり分けてどっちもたっぷり時間をとってるってコトですね。
こういうメリハリをつけるのって重要だなーと思いました。
戦闘システムやCGなんかは到底真似できませんが
こういう制作姿勢とかには学べるところが色々あるので
いい部分は自分もパク――もとい参考にしたいところです。



以下、あっぷらのネタバレ&一部私信(笑)
[READ MORE...]
やっかいな病気をうつされた・・・!
数日前某氏がかかったのと同じ病気を私も発症してしまったようです。
私の場合夏になると恒例みたいな感じなんですが、
その名もっ――



「日記更新できないよ病」
*同異義語に「サイト運営おさぼり病」というのもアリ。



治らないわけではないから不治の病ではないんですが
特効薬がないというやっかいな病気です。
うん、困った困った。



――というか、今思いましたけど
このタイトル見方によってはかなり紛らわしいというか
妙な誤解を招きそうですね(汗)


わ、わざとじゃないんだからね!
料理番組じゃないんだからなぁ・・・。
今日が七夕とかいうことを失念していた水無月です。


小さいころは笹に飾りつけたりして楽しんでた記憶がありますが
そんなことをして行事を楽しまなくなって久しいですもんね。
大人になるってさびしいなぁ。


んで、大人になっちゃった人間が今日は何の日かとたずねられると
たいていの人は「洞爺湖サミット初日」っていうんじゃないでしょうか。


まあ、私は模範的な大人じゃないんで興味がさほどあるわけじゃありませんが(汗)
テレビでもその話ばっかりだったんで仕方なくサミットの話題を見てたんですが
・・・どこだか忘れたけど、どこかの局で
サミットの夕食会のメニューについて延々説明してたのには少々唖然としました。


――いや、食事なんてどうでもいいだろ!
それより大事なのは話し合いの中身だろ!
食事のメニューに時間割くくらいなら中身の話をしたらどうなんだ!


――と、さほど興味のない自分でも思わずそう思いました。
今日の議題がアフリカの食糧危機の話だったからなおさらです。
アフリカの食糧危機について憂いを述べた後で
カニだのウニだのの豪華スペシャル料理について嬉しそうに語られると
なんだかなー・・・と思ってしまうのは私だけでしょうか。



お馬さんぱっかぱっか♪
昨夜。


足の裏にふと違和感を覚えて
足の裏をみてみると黒い点がありまして、

なんだろうと思いつつとりあえず放置していたら
数時間後足の裏全体にものすごいぶつぶつが生えてきて

朝絶対病院に行こうと思っていた矢先
見る見るうちに両足の太ももに青い斑点が浮き上がってきて
真っ青になって「救急車呼んでー!!」と叫んでいる


――という夢を見ました。

汗かきまくって目が覚めましたよ・・・心底怖かった・・・


こんな夢をみたのは

「本当は怖い家庭の医学」の影響
プラス海堂尊さんの本を読んでいたせい
プラスずっと治らない腰痛

が主な原因かとは思いますが。


腰痛はまあヘルニアとかじゃなくてたんに凝ってるだけだと思うんですけど
これまで冬場だけだったのが最近は慢性化していて
日常生活にも若干の不安があるので気にはなってるんですよね、やっぱり。


というわけで、
メタボ対策のためではなく、腰痛対策で
ロデオボーイ買っちゃおうかなーとかふと考え中です(笑)
最近なら安いのだと2万くらいであるらしいので。


2万で腰痛とサヨナラできて、なおかつダイエットになるというのなら安いものです!たぶん!










二日酔いです(汗)
昨日は仕事仲間と遅くまで飲んで騒いでました。
このメンバーは気が合うしいい人ばかりなのでかなり楽しかったです。
ただ、うっかり日本酒にまで手を出してしまったので今日は頭が痛いですが(汗)


その飲み会なんですが、
なんか、ジェネレーションギャップの話で異様に盛り上がってました(笑)
とある方の携帯ストラップが「はにまる」だったところから
小さいころに見ていた教育テレビの話になってそこから大盛り上がりです。


はにまるとヒンベエとか
じゃじゃ丸ピッコロコロリだとか
できるかなとか
さわやか3組だとか
おでこのめがねでデコデコデコリ~ン♪とか


・・・これらのキーワードにぴんときた貴方は間違いなく同世代です(笑)



親馬鹿2
GCの人気投票を見て「おおっ!」と思ったのですが


レイド君にようやく念願の1票が(笑)


というわけで、記念?に
以前答えた「極限まで親馬鹿になって自作品を語り倒すバトン」第2弾
God child編やってみようと思います。


【ルール】
もとから親馬鹿の方もそうでない方も、極限まで親馬鹿になりきって自作品を語り倒して下さい。
連載中でこの先のネタバレになりそうな項目はぼかし&スルーOKです。
一度答えた人に回すのは、指定する作品が違えばOKです。



[READ MORE...]
かぶりは気にしない方向で。
ピアノの発表会が近づいてきたので
そろそろ曲目を決めないといけないのですが
弾こうと思っていた曲が他の人とかぶってるのでどうしようかなーという話を前回かいたんですが


一時は、別の曲にしようと思って
昔弾いた曲を引っ張り出して弾いてみたりしていたんですが
一度心の中で「これにしよう」と決めてしまっていただけに
どうもこう・・・他の曲を弾いていてもモチベがあがらなかったので
悩んだ挙句、かぶっていても最初に決めた曲を弾くことにしました。


かぶってるのは確かに気まずいかもしれないけど、
他人と比べてどうこういうものではなく自分のための発表会なんだから
弾きたい曲を弾くほうがいいだろうと先生もおっしゃっていましたしね。


ちなみに、聞くところによると曲名は同じでも
相手のほうが難しいヴァージョンを弾くようです。
・・・って、つまり相手のほうがどう考えても上手ってことじゃんorz
グワッ



なんか発表会が憂鬱になってきた。
ドタキャンしたらまずい・・・だろうなぁ流石に(汗)


おっさんがかけん!
DLのキャラであるおっさんのバトラーを描かねばならないのですが
どーしてもおっさんがかけません(汗)


で、そんなことを考えながら
IN率3番目の某SNSのほうをROMってたら
「おっさん同好会」なるものを発見したので思わずのぞいてしまいました(笑)
どうやらおっさん好きな人の集まるコミュらしいんですが
愛の力なのか、みんな上手におっさんを描いていました。
みんなすごいなあ・・・・。


10~30才くらいの人間ならまあまあなんとかかけるんですけどねぇ。
中年とか老人をうまくかける人って尊敬します。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。