(新?)自問自答
日頃のデキゴトや制作状況を綴ってます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回作の構想を書くとエターなるというジンクスがあるのですが
最近ここで次回作の構想を書くとエターなる、というジンクスができつつあるのですが(ぁ)
めげずに次回作のことでも少々書いてみます。


ちなみに、進行度は四捨五入0%です(汗)
やったことはほしかったスクリプトをコピペして確認しただけです。
あとはメインキャラ二人のキャラグラを探してきました。
イメージに合うのを見つけるのは難しいだろうと思っていたら案外すぐ見つかりました。
よかったよかった。
XPのフルカラー版のキャラグラを作る自信は皆無ですからねえ(苦笑)


とかいいながら、バトラーは自分で書くつもりになっているあたり
激しく矛盾がありますがとりあえず気にしません。


ちなみに、次回作のタイトルは
Dark and Light -Prolog-(仮)です。あくまで仮です。


なぜプロローグになったかというと、
本編の主役より、別の二人のキャラのほうが気に入ってしまい
彼らの番外編的な話を先に作りたくなったからです。
そして、しかも本編を作るかどうかはわかりません(おい)
いっそ本編の主役は出番をなくしてもいいんじゃないかとか考えている今日この頃(何)


プロローグに出てくるパーティキャラはなんと二人。
最近パーティメンバーが減少の一途をたどっていますが、
とうとうパーティメンバーが二人という事態に(汗)

●ルシフェル:魔族で最高の力を誇る“魔王”
         代々の好戦的な魔王とは違い、争いはあまり好まない。
         無愛想で寡黙だが意外と優しい一面も。

●ティーア:神の寵愛を受け、特別な力を授かったとされる“神の愛娘”
        明るく元気だが、ややそそっかしく思い込むと突っ走ってしまう傾向がある。


ルシフェル&ティーアのモデルがアーク&ルティアなので設定が似てるのは仕様です(こら)


後は脇役が数名。

・ヴァフリー:ルシフェルの側近。
・リスティン:ティーアの前の“神の愛娘”


まあ、短編(の予定)なのであまりネタバレするのもアレなんでこんなとこで。
(実は未定の部分が多いからだけだったり)
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。