(新?)自問自答
日頃のデキゴトや制作状況を綴ってます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニヤリ要素は重要だっ!
「チーム・バチスタの栄光」を読んでから、親子そろって海堂尊氏のファンになってしまいました。
というわけで連休中に海堂氏の本を2冊読んでいたのですが、この2冊も面白くてですね。
もうこれは全作読むしかないゼ!と意気込んでいる次第です。


ちなみに読んでたのは
「ブラックペアン1988」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」
「チーム・バチスタの栄光」とセットでオススメしますです。
ただ、「チーム・バチスタの栄光」以外はハードカバーでしかでていないのが難点なんですけどね。


で、ここから日記のタイトルの話なんですが、
この3つの作品は、もちろん独立した話として面白いんですが、
同じ病院を舞台にしていて登場人物がところどころかぶってるんですね。
なので、前作で出ている人を発見してニヤリとする部分がたくさんあったりして
それもまた非常にオイシイです。


で、そんな私の一番お気に入りの人物はというと・・・実は高階病院長です(笑)
ブラックペアンで若かりしころ?の高階氏(この時代は講師)が出てきたときは
思わず「おおぉ!」と思いました。



スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。